メルマガ バックナンバー

2016年7月1日

【初めに】 バリ島の街の様子(その1)

今回の旅では、サーファーに人気のビーチエリア、スミニャックに滞在しました。日本人旅行者は比較的少なく、オーストラリア人が家族連れでのんびりと休暇を楽しむ姿をたくさん見かけました。
https://www.toko-plumeria.jp/hpgen/HPB/entries/9.html

街に出ると、たくさんのショップが立ち並んでいます。建物の多くはブロックを積み上げて造られており、ほとんどが1階建てのオープンな店構えになっています。ちょっとりっぱな門構えの小学校も見かけました。
https://www.toko-plumeria.jp/hpgen/HPB/entries/10.html

車をチャーターして、ビーチから離れたウブドという街にも出かけました。 ウブドは芸術の街。工房やギャラリーがたくさんあり、毎晩どこかで舞踏公演が 開催されています。雑貨ショップもどんどん増えています。歩き疲れたら冷たいフレッシュジュースでひと休みできるおしゃれなカフェもいっぱいです。
https://www.toko-plumeria.jp/hpgen/HPB/entries/11.html

バリ島には鉄道が通っていません。地元の人も旅行者も、移動手段は車か バイクです。特にバイクは、通勤の足として、タクシーとして、そして荷物の運搬に、大活躍しています。ちょうど、私が乗っていた車のすぐ前をものすごい荷物が・・・、いえ、バイクが走っていたので、思わずパシャッ。
https://www.toko-plumeria.jp/hpgen/HPB/entries/12.html



【お知らせ】在庫切れ商品を補充しました

在庫切れだった商品のいくつかを補充しました。残念ながら、もう生産していなかったり、品質に少々問題があったりで、手に入らなかったものもありますが、 入手できた商品は、順次ショップサイトにアップしていますので、どうぞご覧くだ さいませ。



【今月のお話し】インドネシアの交通事情

前段でご紹介した通り、バリ島には鉄道が敷かれていませんが、ジャワ島の都市近郊はそこそこ鉄道網が整っています。庶民が利用するエコノミー車両は運賃も10円ほどと安いのですが、冷房がありません。暑さと混雑のため、屋根の上に乗る人も。テレビなどで見たことありますよね? 鉄道当局が、屋根の上にオイルを塗ったり、コンクリート球を吊るしたりとさまざまな防止策を講じた結果、最近ようやく減ってきたとか。
東京メトロの中古車両などがインドネシアで第二の人生を送っており、こちらは冷房が効いていますが、運賃もお高いのだそうです。

混雑緩和のため、モノレールやMRTの建設も計画されています。MRT(地下鉄)の建設は、日本の企業が請け負って着々と進みつつあります。一方、ジャカルタとバンドンの2大都市を結ぶ高速鉄道に関しては、日本を制して中国が受注しましたが、こちらはあまり進んでいない模様・・・。

混雑といえば、ご存じのとおり首都ジャカルタの交通渋滞は世界一と言われて います。路線バスや高速バスもありますが、一般車両が平気でバスレーンに進入してくるので、定刻で走るなんてまず無理のようです。

一方、渋滞を縫って走れるバイクやスクーターが大活躍。赤信号の間に、交差点周辺がバイクで埋め尽くされ、青に変わったとたんにブォ~~っと一斉に走り出す様は壮観です。そしてバイクを巧みに避けながら車を運転する腕前はまさに神業!
1台のスクーターに複数人で乗るのもおなじみの光景です。3人乗り、4人乗りは当り前。ハンドルを握るお父さんの足元に子供が立ち、もう一人の子供を抱えた お母さんが荷台に座って、逞しく走っています。
実は私も子供のころ、そんな乗り方を経験しています。(歳がバレる・・・?!)

ご挨拶

当店にお立ち寄りくださり、ありがとうございます。
当店では、ご家庭の食卓にアジアンリゾートの雰囲気を添えてくれる雑貨を扱っています。主にインドネシアから仕入れています。どうぞご利用くださいませ。

当店の会員登録をされず、メールマガジンの購読のみをご希望の方は、下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業

ページトップへ