言葉の説明

アタとは

アタとは、インドネシアに自生するシダ科の植物です。茎や根の部分を使って製品を作ります。

アタ製品を作る手順を簡単にご紹介します。

① 茎や根を乾燥させたものを細く裂き、太さを均一に整えます。

② これを手で編んで、バスケットやランチョンマット、ハンドバッグなどを作ります。

③ 編みあがったら、1週間ほど天日干しをします。

④ 専用の燻し窯で、ココナッツやジャックフルーツのチップで丸1日じっくり燻します。
  (燻すことによって光沢のあるアメ色になり、また防虫効果もあります。)

⑤ 最後に、爪切りやブラシを使って、表面をきれいに整えたら出来上がりです。

インドネシアのアタ製品は、こんなふうに手間と時間をかけて丁寧に作られています。

アタ製品が出来るまで

ご挨拶

当店にお立ち寄りくださり、ありがとうございます。
当店では、ご家庭の食卓にアジアンリゾートの雰囲気を添えてくれる雑貨を扱っています。主にインドネシアから仕入れています。どうぞご利用くださいませ。

当店の会員登録をされず、メールマガジンの購読のみをご希望の方は、下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業

ページトップへ