言葉の説明

アタとは

アタとは、インドネシアに自生するシダ科の植物です。茎や根の部分を使って製品を作ります。

アタ製品を作る手順を簡単にご紹介します。

① 茎や根を乾燥させたものを細く裂き、太さを均一に整えます。

② これを手で編んで、バスケットやランチョンマット、ハンドバッグなどを作ります。

③ 編みあがったら、1週間ほど天日干しをします。

④ 専用の燻し窯で、ココナッツやジャックフルーツのチップで丸1日じっくり燻します。
  (燻すことによって光沢のあるアメ色になり、また防虫効果もあります。)

⑤ 最後に、爪切りやブラシを使って、表面をきれいに整えたら出来上がりです。

インドネシアのアタ製品は、こんなふうに手間と時間をかけて丁寧に作られています。

ご挨拶

お立ち寄りくださいまして、ありがとうございます。
当店では、お部屋にアジアンリゾートの雰囲気を添えるテーブルウエアやインテリア小物を取り揃えています。どうぞご利用くださいませ。

脱・プラスチック!

当店は、天然素材を原料とした商品のみを扱うことは基より、商品をお送りするときの梱包資材にも、できる限りプラスチックを使用しないよう心掛けています。

プラスチックによる海洋汚染を減らすための取り組み。それは、プラスチックごみを
「減らす(Reduce)」
「再利用する(Reuse)」
「再生産する(Recycle)」
の3Rが基本と言われています。 政府や企業に任せておくのではなく、私たち一人ひとりにできること。まず、レジ袋やプラ容器やストローなどの使い捨てプラスチックをできるだけ買わない、使わない。廃棄するときにはリサイクルゴミとして処理する。わかってるけどついうっかり、を無くす。それだけでも少しずつ改善につながります。

便利なプラスチックをやめて、ちょっと不便になってみる。地球のために本気で取り組みませんか?

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業

定休日・臨時休業日は、発送作業をお休みさせていただきます。ご注文は随時お受けしております。

毎月1日にメールマガジンを配信しています。配信をご希望の方は、下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。折り返し、確認メールが自動配信されます。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ