メルマガ バックナンバー

2019年10月1日

■【はじめに】自然災害への備え

先日の台風15号は、たいへんな猛威を振るいましたね。お客様の中にも被害に遭われた方がいらっしゃるかもしれません。お見舞い申し上げます。 強風で建造物が倒れ、豪雨で川が溢れ、生活インフラはストップ、情報も来ない。そんな状況におかれたら、もうどうすればよいかわかりません。自治体や企業は、いち早く対応することが求められ、遅れれば叩かれる・・・。厳しい世の中ですね。 交通網が麻痺しても、なんとか会社へ行こうとするサラリーマンの多さにも驚かされました。

自治体や企業、そして私たちひとりひとりが、日ごろから災害に対して備えるべきなのはわかっちゃいますけど、建造物の維持管理、避難場所の確認、情報伝達手段の確保、こんなときは会社に行かなくてよいというルール作りなど、多岐にわたり、課題山積ですね。 そうこうしているうちに、もう次の台風が・・・


■【インドネシア料理を作ってみた】 「マルタバッ」

私が手抜きをしながらインドネシア料理に挑戦するコーナー、今回は「マルタバッ(martabak)」を作ってみました!

マルタバッとは、クレープ生地で挽肉などの具を包んで焼く、インドネシア風お好み焼きです。インドネシア人はみんな大好きなんですって。ビールのお供にもぴったり! 作り方も簡単です。

1.最初にソースを作ります。酢を一度沸騰させてから冷まし、タマネギのみじん切り、ケチャップ・マニス(インドネシアの甘い醤油)、砂糖、塩、水を加えて混ぜます。

2.次に、中身の具を作ります。ニンニクのみじん切りを油で炒め、香辛料(コリアンダー、クミン、コショウ)と塩を加えます。そこに挽肉を加えてパラパラになるまで炒めます。

3.2が冷めたら、タマネギのみじん切りと万能ねぎのみじん切り、卵を加えてよく混ぜます。

4.多めの油をフライパンで熱し、春巻きの皮2枚を重ねて焼きます。半焼けになったら真ん中に3の具を適量のせ、四角く包んで裏返します。ほどよく焦げ目がつくまでときどき返しながら焼きます。

5.皮か具か、どちらかが無くなるまで4を繰り返します(笑)。切り分けてソースを添えたらできあがり。
マルタバッ

クミンが入っているので、エスニックな香りで、甘酸っぱいソースがよく合います。焼き立てはパリッとしていて、思わずビールが進んじゃいました。 春巻きの皮を2枚重ねて使うのがポイントです。その方がパリッと仕上がるんですって。それから、一度にたくさんの具をのせると、包むのに失敗しちゃいますよ~(経験者は語る・・・)。 具が余ったら、オムレツの具にしてもよいし、チャーハンに混ぜてもいいかも。

ご挨拶

お立ち寄りくださいまして、ありがとうございます。
当店では、お部屋にアジアンリゾートの雰囲気を添えるテーブルウエアやインテリア小物を取り揃えています。どうぞご利用くださいませ。

脱・プラスチック!

当店は、天然素材を原料とした商品のみを扱うことは基より、商品をお送りするときの梱包資材にも、できる限りプラスチックを使用しないよう心掛けています。

プラスチックによる海洋汚染を減らすための取り組み。それは、プラスチックごみを
「減らす(Reduce)」
「再利用する(Reuse)」
「再生産する(Recycle)」
の3Rが基本と言われています。 政府や企業に任せておくのではなく、私たち一人ひとりにできること。まず、レジ袋やプラ容器やストローなどの使い捨てプラスチックをできるだけ買わない、使わない。廃棄するときにはリサイクルゴミとして処理する。わかってるけどついうっかり、を無くす。それだけでも少しずつ改善につながります。

便利なプラスチックをやめて、ちょっと不便になってみる。地球のために本気で取り組みませんか?

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業

定休日・臨時休業日は、発送作業をお休みさせていただきます。ご注文は随時お受けしております。

毎月1日にメールマガジンを配信しています。配信をご希望の方は、下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。折り返し、確認メールが自動配信されます。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ