メルマガ バックナンバー

2023年9月1日

■【はじめに】エアコン最高

我が家のリビングのエアコンは12年前に購入したものでしたが、7月ごろからだんだん効きが悪くなり、猛暑の真っただ中、「もうお手上げ」とばかりに熱風しか吐き出さなくなりました。窓を開けた方が涼しいくらい。
コンセントを抜いてしばらく放置した後に再稼働すると、少しの間復活するという裏技を駆使したり、隣室のエアコンを点けて扇風機との合わせ技でリビングに冷風を送ったりしながら約1カ月。

そして8月末、ちょっとばかり値段が下がったのを見計らってようやく買い替えました! 最近のエアコンは、省エネ設計で、音も静かで、風も柔らかいですね。最高です。


■【今月のトピック】独立記念日と運動会

インドネシアの独立記念日は8月17日です。第2次世界大戦の終戦が1945年8月15日、その2日後にインドネシアは独立を宣言しました。オランダの統治下に340年間、その後日本の統治下に3年間という、長い植民地時代を経ての独立宣言でした。

独立記念日には、式典やパレードが行われるほか、全国各地で運動会が開催されるのだそうです。運動会と言っても、真面目な陸上競技ではなく、どちらかというと余興とも言えそうな競技を国民みんなで楽しむのですって。
綱引き、パン食い競争、風船割り、竹馬レース、自転車レース、棒登りなどがあるそうですが、日本のそれとはちょっと違っています。例えば、パン食い競争といってもパンではなく、クルプックという海老せんべいのようなお菓子が吊り下げられていて、手を後ろに縛られた状態でかぶりつきます。風船割りは、小麦粉が入っている風船を、目隠しをした状態でナスやキュウリで叩き割ります。ナスやキュウリの方が先に割れてしまいそうですね。自転車レースは、遅くゴールした方が勝ちで、途中で地面に足をつけたら失格となります。棒登りはチーム戦で、棒の上に括り付けられた景品を取ったチームが勝ちなのですが、なんと棒には油がたっぷり塗られているので、ツルツル滑ってなかなか登れないのですって。
なんだかどれも楽しそうですよね。

そもそもなぜ独立記念日に運動会なのかと言いますと、実は、深~い意味が込められているのだそう。クルプック食い競争は、食べるのに苦労した植民地時代を忘れないために。綱引きや棒登りは、団結し協力し合うことの大切さを。竹馬は、踏み出すのを躊躇すると倒れてしまうことから、前進し続けることの大切さを、意味しているのだそうです。もちろん、インドネシアの人々は毎年そのような意味を噛みしめながら運動会に参加しているわけではないでしょうけどね。

コロナ禍の間は、まともに開催できなかったそうですが、今年は4年ぶりに通常開催できる喜びも加わって、以前にも増して盛り上がりを見せたことでしょう。

  • 2024.01.31
  • 16:56

2023年8月1日

■【はじめに】大好きなはずなのに

もう、8月ですね! というべきか、まだこれから8月なんだっけ! というべきか・・・。
私は、暑さには強い方で、夏が大好きなはずなのですが、さすがに数年前から好きとは言えなくなってきました。水筒や日傘は必携ですが、荷物が重くなってますます大変なんですよね。 暑さもさることながら、降れば大雨ですし、コロナもまだまだ流行っていますし、久々のイベントなどに出掛ければ3年分の人出ですものね。
皆様もどうぞ、お気をつけて、夏を乗り切りましょう。


■【今月のトピック】インドネシアのことわざ その2

以前のメルマガで、インドネシアのことわざをいくつかご紹介しました。そのときは、直訳しただけで意味が通じるものを集めてご紹介したのですが、今回は、もう少し難問もご用意しました!

まずは難易度低めのものから。
Sudah jatuh tertimpa tangga.
ハシゴから落ちた後にその下敷きになる。 ( ⇒ 泣きっ面に蜂 )
災難なのに、なんだかクスっと笑っちゃいそうなことわざですね。

では、これはどうでしょう?
Ringan tangan.
手が軽い。 ( ⇒ 気軽に人の手助けをする人 )
日本語の「手が早い」と似てますが、全く違う意味でした!

お次は、難易度「中」を2問。
Memperjuali orang Cina penjahit.
中国人に針を売る。 ( ⇒ 釈迦に説法 )
その昔インドネシアにやってきた華僑は、商いに長けており、特に日用雑貨を売って儲けていたそうです。つまり、このことわざは、その道に長けている人に道を説く、という意味なのだそう。

Umpama memerah nyiur, santan diambil, ampas dibuang.
椰子の実はココナッツを採り、カスは捨てよ。 ( ⇒ 鵜呑みにするな )
人の話は良し悪しをわきまえて聞きなさい、ということですね。

最後は難易度「高」です。
Biduk lalu kiambang bertaut.
舟が過ぎれば浮草はまたくっつく。 ( ⇒ 人の喧嘩に首を突っ込むな )
「喧嘩してもまた仲直りする」「時が解決する」というような意味なかと思いきや、もうひとヒネリあるのですね。「人の争いに首を突っ込むと、当人同士が仲直りした後、気まずい思いをする」という意味だそうです。これはなかなか奥が深いですね。

ちなみに、前回ご紹介したことわざ集は、こちらのメルマガバックナンバーのコーナーでお読みいただけます!

  • 2024.01.05
  • 09:26

2023年7月1日

■【はじめに】天皇皇后のインドネシアご訪問

先日、天皇皇后両陛下がインドネシアを訪問されましたね。
天皇陛下がボロブドゥール遺跡を歩かれる様子や、皇后様がバティック製作を体験されたりする姿が報道されました。バティックを肩に羽織った皇后様の笑顔がとても印象的でした。


■【今月のトピック】バティックの紋様には意味があるんです

バティックとは、ひと言で言えばインドネシアのろうけつ染めです。ろうけつ染めとは、熱したロウで布に紋様を描いてから染料に浸すと、ロウを塗った部分には染料が染み込まず、ロウをお湯で洗い流すと紋様が白く浮き出る、という現象を利用した技法です。

バティックの作成工程については、こちらでも紹介していますので、ご覧くださいませ。

そもそも、なぜロウを使うようになったのでしょうね。きっと最初は、灯りに使っていたロウをうっかり着ていた服に垂らしてしまい、そのまま野良仕事をしていたら、その部分だけ草の汁や泥に汚れなかった、なんてことから始まったのではないでしょうか。「試しにロウで絵を描いて、草花の汁で染めてみよう」などと、楽しみながら発展してきたのではないかなと、私は勝手に想像しています。 昔から、バティックを作るのは女性の仕事だったようで、各家庭で糸を紡ぎ、布を織り、身につける人の健康や幸せを願いながら紋様を描いたそうです。

バティックに描かれる紋様は実に様々で、それぞれに名前と意味があります。
たとえば、天皇陛下がボロブドゥールを見学されたときにお召しになっていたバティックには、小さな花柄模様のようなものがたくさん描かれていますが、これは「トゥルントゥン」という紋様です。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230622/k10014106311000.html

小花に見えますが、夜空の星を表しているそうで、この紋様の誕生にはこんなエピソードがあります。
ソロ地方の王宮に嫁いだ王妃が、あるとき王と不仲になってしまい、孤独な日々を送っていました。ある晩、夜空の星に希望を託しながらその星をバティックに描いていたところ、王がその姿を見つけて王妃の一途な心を知り、再び愛が芽生えた、というものです。よってこの「トゥルントゥン」は、「愛の芽生え」とか「辛い時も希望を持つ」というような意味があるそうで、結婚式のときに花嫁の母が、真の愛への導きを込めてこの柄のバティックを身に着ける風習があるのですって。

もう一つ、よく用いられているパラン紋様をご紹介。こちらは剣を表す紋様を斜めに連続に配したもので、「戦い」「権力」「強さ」を意味しています。剣には見えないかもしれませんが・・・。 戦いを意味するので、結婚式で着てはいけないそうです。

トゥルントゥンとパランについては、こちらのバティックをご参照くださいね。

  • 2023.11.29
  • 14:10

2023年6月1日

■【はじめに】温泉に行ってきました

5月に還暦を迎えた親族のお祝いを兼ねて、群馬県にある温泉に行ってきました。お祝いなのでちょっと奮発し、露天風呂が付いているお部屋を手配。しかも源泉掛け流しです! 24時間いつでも好きな時に、山の緑を眺めながら人目を気にせず温泉に浸かれるという贅沢。湯上りのビールも最高でした。地元の食材を使ったお料理も美味しくて、ヤマメやアユも堪能しました。
帰りには赤城山に登って(もちろん車です)、カルデラ湖を眺め、湖畔の神社を参拝。狭い急カーブの道を対向車とすれ違うたびに神様に祈りながら降りてきました。
旅を手配した私としては、主賓に喜んでもらえて何よりでしたが、いちばんホッとしたのは雨が降らなかったことです。私と一緒にどこかに行くと必ず雨が降る、といつも言われていて肩身が狭かったものですから。


■【今月のトピック】火の山

「赤城山」の名前の由来は、赤土で山が赤く見えるため「赤き山」からきているという説と、「火の山」「火の神」を意味しているという説があるそうです。火山ですから「火」が名前の由来となっているのはごく自然なことのようにも思われます。でも、赤城山が噴火したのは何万年も前のことらしいので、名前の由来としては「赤き山」の方が納得感がありますね。

一方、インドネシアには、その名の通り活発に活動している「火(インドネシア語でapi)の山」があります。ムラピ(Merapi)山です。ムラピ山は、ジャワ島中央部にある海抜2,911mの火山で、世界で最も活発な火山のひとつです。富士山にも似た美しい円錐形の山で、常に噴煙を上げており、周期的に噴火しては大量の溶岩を噴き出しています。
ボロブドゥール遺跡が、1814年にイギリスの探検家によって発見されるまでの約1,000年間、密林の中に埋もれていたのも、ムラピ山の噴火による降灰が原因ではないかという説があります。

ムラピ山は、今世紀になっていっそう活発になっているそうで、2006年、2010年、2018年と、大規模な噴火を起こして周辺に被害をもたらしています。噴煙は10Km以上の高さまで吹き上がり、それぞれの年で数千人ずつの犠牲者が出たとのこと。
今年に入ってからも、3月と5月に噴火して、周囲2kmにわたって溶岩流が流れ出たそうですが、それでもムラピ山としては比較的小規模な噴火だったようです。

インドネシアも日本同様、環太平洋火山帯にすっぽりと含まれる火山大国。世界の火山のうち13%がインドネシアに、7%が日本にあるそうです。日本とインドネシアだけで、世界の2割の火山を有しているんですね。温泉資源に恵まれているのは嬉しいことですが、やはり噴火は怖いですね・・・。

  • 2023.10.31
  • 16:24

2023年5月1日

■【はじめに】出掛けようとしたら

出掛けようとしたら、玄関のドアがめちゃくちゃ重くて、やっとこさ押し開けたら外は物凄い風なんです。これは洗濯物を取り込んでおかなきゃと思って部屋に戻り、ベランダに出ようとしてふと見ると植木鉢がいくつか倒れています。洗濯物を取り込んで、植木鉢をしっかり固定して、さあ出掛けようと思ったら今度はスマホが見当たらないんですね。探しまくってやっと見つけて、家を出て時計を見ると、最初に家を出ようとしたときから1時間も経っているんですね。もう、歯医者の予約時間に間に合わなくなってしまいました。焦って歯医者に連絡を入れようとするのですが、スマホのアドレス帳に入っているはずの歯医者の電話番号がなぜか見つからなくて、もう仕方ない、行くしかない、と歩き出すと、足がめっちゃ重くて全然前に進まないのです。その辺で「あーこりゃ夢か」と気づき、目が覚めると筋肉痛になりそうなほどの疲労感が・・・。
たいてい、二度寝した時にこんな夢を見ます。


■【今月のエッセイ】二つの「夢」

夢には、「眠っているとき見る夢」と、「叶えたい願望」という二つの意味がありますよね。この二つ、確かに共通点があるような、でも全然違うような・・・。私は、冒頭に書いたように、いかにも日常にありそうな、それでいてちょっと変な夢をよく見ます。悪夢というほどではないですが、どちらかというと、「夢でよかった」と思うような夢。ずっと見ていたいような、こうなりたいなぁという夢は、残念ながらほとんど見ないのです。なので、私の場合、「眠っているとき見る夢」と「叶えたい願望」の共通点はあまりないと言えます。

ところで、夢という言葉に二つの意味があるのは、日本語だけではないですよね。「I have a dream・・・」というキング牧師の演説にもあるように、英語のdreamにも、二つの意味があります。そこで、ちょっと調べてみたのですが、ゲルマン系言語(英語、ドイツ語、オランダ語など)やラテン系言語(フランス語、イタリア語、スペイン語など)も、二つの意味で使われるとのこと。ところがスラブ系言語(ロシア語、ポーランド語など)では、別々の単語が存在するらしいのです。厳密に使い分けているというほどでもないようですが・・・。

元々日本語の「夢」には「眠って見る」方の意味しかなかったそうで、「願望」の意味で使われるようになったのは、江戸時代に入ってきたオランダ語や英語に影響されたのだそう。へえーと思ってさらに調べてみると、ラテン系言語も同様に、後付け派。最初から二つの意味を持っていたのはゲルマン系言語のみらしいのです。ゲルマン系の人たちは、将来こうなりたいなぁと思えるような夢をよく見るのでしょうか。

ちなみに、インドネシア語で「夢」は「impi(インピ)」または「mimpi(ミンピ)」ですが、「眠って見る夢」と「願望」の両方の意味で用いられます。一方、「impian(インピアン)」という言葉もありますが、こちらは「願望」の意味としてだけ用いられます。 インドネシア語では、語末にanを付けると、少し規模が大きくなります。例えば、batuは「石」で、batuanは「岩」です。alasは「下に敷く物」という意味ですが、alasanは「根拠」という意味になります。 願望は、眠っているときに見る夢の延長線上にある、と捉えているということでしょうか。

私も、筋肉痛になりそうな夢ばかりでなくて、お金持ちになって、世界中を旅して美味しいものをたくさん食べて、それでも太らない美魔女になる夢でも見られるようになりたいものです。

  • 2023.09.29
  • 13:32

2023年4月1日

■【はじめに】どうする?マスク

「マスク着用は個人の判断で」という御触れが出ましたが、皆さんはどうされていますか? 私は、電車の中や、大勢の人が集まる室内では着用していますが、一人で外を歩くときは基本的に外しています。やはり3年間の油断が顔に出てしまいますね。ちょっとほっぺがたるんできたな・・・と、慌てて口角を上げてみたり。それでも、桜の香りや、ほほに風があたる解放感を味わいながら歩いています。だんだん、外している人が増えてきたような気もします。

御触れが出た直後は、「みんなの様子を見ながら・・・」という人が多かったようですね。もはや、「コロナウイルスへの抵抗感」ではなく、「顔を露出することへの抵抗感」?? 良くも悪くも、この連帯意識と美徳感情は、実に日本的だなぁと感じます。


■【今月のトピック】どうする?首都移

これまでのメルマガでも何度かお話ししましたが、インドネシアの首都は、現在のジャカルタ(ジャワ島)から、ヌサンタラ(カリマンタン島)へ移転する計画が進んでいます。 新首都ヌサンタラが作られる東カリマンタン州は、赤道直下にある緑豊かな地域。というか、熱帯雨林。移転が完了するのは2045年だそうですが、来年には、まず行政機関だけを移転させるとのこと。あと1年そこそこで大丈夫? と思ってしまいますよね。

既に、いろんな問題があるようです。まずは先住民の立ち退き。政府から補償金が出るそうですが、次に住む土地を探そうにも、周辺の土地は4倍~10倍に値上がりしていて、補償金など足しにもならないとのことです。そもそも土地の権利書など持っていない人もいて、補償金をもらえない可能性もあるんだとか。

次に、水道インフラ。熱帯雨林ですから、水そのものは豊富にあるのですが、これから移住してくる人々の生活用水を供給できるような水道設備はまだ整っていません。しかも、国の予算では最低限のインフラしか作ることができず、そこから先は国外からの投資を想定しているのだそう。日本でも、関係団体が投資を募っているようです。

それから、電力の確保。ヌサンタラの北に位置する北カリマンタン州に、東南アジア最大級の水力発電所の建設計画が進んでいます。この事業は、インドネシア現地の企業が中国の協力を得て着手し、難航しながらもようやく環境が整ったところだそうです。実はこの事業に途中から日本の住友商事も参画することになりました。インドネシアとしては、中国依存の見直しを図った形ですが、日本と中国の衝突が目に見えるようですね・・・。

  • 2023.08.30
  • 16:55

2023年3月1日

■【はじめに】1年経ちましたが・・・

ロシアによるウクライナ侵攻が始まって既に1年。1年前、私はこんなにも長く続くとは思いもしませんでした。どちらが勝つとか負けるとか、そういったことさえ考えず、きっと世界の国々が協力して全力で止めに入り、すぐに終わるだろうと、そんなふうに思っていました。しかし、実際はまだまだ続く様相を呈しています。

先日、ウクライナの勇敢さや巧みな情報戦略を称えるような番組が放送されていました。家も家族も失い、またいつ爆撃されるかわからない状態で、しかも工作員やスパイが身近に潜んでいるかもしれない不安の中で、生活を続けているウクライナ人の強さにはホントに驚かされます。
しかし、現地では戦争真っただ中だというのに、自分は暖かい部屋の中でまるでドキュメンタリー映画を見ているかのような、妙な気持ちでした。とにかく一日も早く停戦することを願って止みません。


■【今月のトピック】テンペ

皆さんは、インドネシアの食材、「テンペ」をご存知でしょうか。軟らかく煮た大豆を少し潰して、酢を加えたのち、テンペ菌で発酵させた食品です。インドネシア版の納豆とも言われます。でも日本の納豆のような独特の臭みはなく、糸もひきません。大豆本来の味に加えてナッツやチーズのようなコクがあります。高たんぱく低カロリーの健康食品ですので、お肉の代用品としても用いられるなど、ダイエッターの強い味方です。

どんな見た目かといいますと、少し潰れた大豆がぎゅっと板状に固めらた状態になっています。
テンペ
調理するときは、包丁で切るか、手で割ってほぐして使います。生のまま食べても正直あまり美味しくないので、炒めるか、揚げるのがおススメです。火を加える前に味付けをするもよし、後から好みのソースを絡めるのもよし。 ということで、今回は、「揚げテンペ」を作ってみたのでご紹介します! ビールのつまみに良さそうでしょ?
テンペゴレン

もともと淡泊な味なので、いろいろアレンジできると思います。塩と好みのスパイスでシンプルに炒めたり、砂糖と醤油できんぴら風にしたり、ひじきと一緒に煮てもよさそうです。

テンペは日本でも作られていて、大手スーパー(成城石井、業務スーパーなど)で、真空パックに入った状態で売られています。日本製のテンペはインドネシアのものとはちょっと違っていて、クセが無さすぎるような気もします。どうやら、生でもそこそこ美味しく食べられるように作られているようです。本場インドネシア製のテンペは、東南アジア食材の専門店や、通販でも手に入りますので、機会があればぜひ食べてみてくださいね。

ところで、納豆菌はワラなどに付着している菌ですが、テンペ菌って何者なのかといいますと、バナナやハイビスカスの葉に付着している白カビの仲間なのだそう。納豆の起源は、「煮豆をワラで包んで持ち歩いていたら腐ってしまい、でも食べたら意外とイケた」という説がありますが、きっとテンペも、「煮豆をバナナの葉に包んでおいたら・・・」って感じなのかもしれませんね。

  • 2023.07.31
  • 22:28

2023年2月1日

■【はじめに】ODEN

ODENって、何かの略語?! いえいえ、「おでん」です。最近インドネシアで人気なのです。インドネシアにもローソンがあって、日本と同じように、レジ前でおでんが売られています。1つ50円くらいです。でも日本でお馴染みの大根や白滝は見当たらず、肉団子、ソーセージ、エビ団子、イカ団子など、肉・魚系が中心です。サンバルソーセージというインドネシアならではのタネもあります。「Ganmodoki」「Chikuwa」「Satsumaage」なんかもあるようですよ。
日本では寒い季節になると食べたくなるイメージがありますが、熱帯のインドネシアでも人気とは、ちょっと意外な気がしますね。


■【今月のトピック】■ インドネシアのことわざ

少し前のメルマガで、インドネシアのことわざを一つ引用したところ、面白いと好評をいただいたので、今回はインドネシアのことわざを特集します!

Masuk kandang kambing memgembik, masuk kandang kerbau menguak.
ヤギ小屋に入ればメーと鳴き、牛小屋に入ればモーと鳴く。(⇒郷に入れば郷に従え)

Gajah dikalahkan ole pelanduk.
ゾウが豆鹿に負ける(⇒窮鼠猫を噛む)

Nasi sudah menjadi bubuk.
ごはんはもうおかゆになっている。(⇒覆水盆に返らず)

Bagai mendaput durian runtuh.
落ちたドリアンを手に入れる。(⇒棚からぼた餅)

Satu tepuk dua lalat.
ひと叩きで2匹のハエ。(⇒一石二鳥)

Tak ada gading yang tak retak.
ヒビのない象牙はない。(⇒完璧なものなどない)

登場する動物や植物、食べ物などに、お国柄が出ていますよね。それでは次に、たとえに用いられる物自体も日本と同じ、ということわざをご紹介。

Rumput tetangga, lebih hijau.
隣りの芝生はもっと緑色だ。(⇒隣の芝生は青く見える)

Separti ilmu padi, kian berisi kian runduk.
稲のように、実るほどに頭を下げよ。(⇒実るほど頭を垂れる稲穂かな)

Asap datang dari asalnya api.
煙は火のあるところから来る。(⇒火のないところに煙は立たぬ)

Darah lebih kental dari air.
血は水より濃い。(⇒血は水よりも濃い)

ということで、今回は、直訳しただけでも意味がわかるものを集めてみました。 国によって価値感が異なるので、直訳しても意味が通じない場合もありますよね。例えば、インドネシア人が「雨」に対して抱くイメージは、日本人のそれとはだいぶ異なるので、「雨降って地固まる」という日本のことわざをインドネシア語に直訳しても、インドネシア人には伝わらないと思われます。インドネシアでは、乾季に降る雨はむしろ「良いこと」の象徴となりますし、雨季のスコールの後の地面はどろどろで、とても固まりません。
同様に、インドネシアのことわざにも、日本語に直訳したのでは意味の通じないものや、「そういう考え方をするのか」と驚くものがあります。それはまたいつか、ご紹介しますね!

  • 2023.07.07
  • 10:18

2023年1月1日

■【はじめに】「何でも買い取ります」って?!

皆さんは、いわゆる買取業者さんを利用されたこと、ありますか? 私は先日初めて頼んでみました。タンスの奥で眠っている和服や、いただいたきり一度も使わず箱に入ったままの食器セットなど、複数人で持ち寄った ので、結構な量になりました。捨てるのはもったいないので、誰かに使ってもらえればという思いと、ついでにちょっとお小遣い稼ぎになればいいな、なんていう期待もありました。テレビCMでは「何でも買い取ります」とか、 「え? こんなに高く?」なんて言ってるのを真に受けて、そこそこ期待してしまったのですが・・・。

そこそこの値が付くのはブランド物のみだそうで、普通の訪問着は、せいぜい1枚200円。少し古い着物は、1円にもならなかったのです。食器セットなど、見向きもされませんでした。 あちらもボランティアではなく商売ですものね。売れないようなものや、売るために手間が掛かるようなものは、買い取り対象外となってしまうのは致し方ありません。

物を大事にするって、意外と難しいものですね。


■【今月のトピック】地震大国、日本とインドネシア

日本は地震が多いですが、インドネシアはさらなる地震大国です。地震の頻度ランキングを見ると、インドネシアは世界第2位。マグニチュード5以上の地震が2日に1度の割合で発生していることになるのだそうです。 スマトラ島、スラウェシ島など、皆さんも地震のニュースでインドネシアの島の名前をよく耳にするのではないでしょうか。ちなみに、日本は第5位です。 では第1位はどこでしょう?
私は、チリかなと思ったのですが、実は中国だそうです。

インドネシアでは、昨年11月にもジャワ島西部でマグニチュード5.6の大きな地震が発生しました。地すべりや家屋の倒壊により1000人以上が負傷し、300人以上が亡くなっています。地震が発生したのは午後1時ごろで、 小学校で授業を受けていた子供たちが、校舎の下敷きになるなどしてケガをしたそうですが、停電も発生したため、病院での治療もままならない状態だったと聞いています。 頻繁に地震が起こる国であっても、なかなか対策はとれないのですね。

インドネシアで起きた過去の大きな地震はと言いますと・・・
2018年9月28日に、スラウェシ島を震源としたマグニチュード7.5の地震が発生。3mの津波と液状化現象により大規模な被害が発生しました。
2006年5月27日のジャワ島中部地震は、ジョグジャカルタ付近を震源とし、マグニチュード6.2を観測。津波は発生しませんでしたが、多くの家屋が倒壊し、ボロブドゥール遺跡やプランバナン寺院も大きな被害を受けました。
2019年に私がボロブドゥールを訪ねたときにも、この地震で倒壊した遺跡の修復作業が続いていました。
2004年12月26日に発生したスマトラ島沖地震は、マグニチュード9.1を観測し、津波は最大30mの高さに達しました。20世紀以降に世界で発生した地震の中でも3番目に規模の大きな地震です。

20世紀以降で最も規模の大きかった地震は、1960年、マグニチュード9.5のチリ地震です。私はまだ生まれていませんでしたが、地球の裏側から日本にまで津波が到達したという話を、祖母から聞いたような記憶があります。
ちなみに、2011年3月11日の東日本大震災は、世界で4番目の規模だそうです。

南海トラフ地震がいつ起きてもおかしくないと言われていますね。東日本大震災の後、備蓄の習慣がつき、寝るときもパジャマではなくトレーナーとジャージにしているのですが、一方で、非常持ち出し用のリュックをどこに仕舞ったか忘れていたり、非常灯のスイッチがオフになっていたり、家族との連絡手段もあやふや。かなりたるんでいます。
皆様も、再点検してみてくださいね!

  • 2023.06.01
  • 15:45

2022年12月1日

■【はじめに】明日はスペイン戦!

正直なところ私は特にサッカーファンではないので、Jリーグなどもあまり見ないのですが、世界中が大騒ぎしているワールドカップとなると、日本国民として、一緒に盛り上がらなきゃという気分になります。

いよいよ明日はスペイン戦! 日本が決勝トーナメントに出られるかどうか、目が離せない戦いとなりましたね。放送時間は早朝ですが、この歳になると、毎朝4時ごろ目が覚めるので、問題ありません。サラリーマンの方も、この日くらいはリモートワーク中に居眠りしても、きっと大丈夫!


■【今月のエッセイ】G20と一市民

11月15~16日に、史上最も困難と言われたG20首脳サミットが開催されました。G20メンバーではないウクライナのゼレンスキー大統領はオンラインで参加。一方プーチン大統領は出席せず、名代のラブロフ外相は、体調不良との報道もある中、初日のみ参加して途中で異例の帰国。翌16日の会合にはルシアノフ財務相が出席しました。恒例の首脳の集合写真撮影は見送られたということも話題になりましたね。また、ポーランドにロシア製ミサイルが落下したことで、別途緊急会合が行われたりもしました。

首脳宣言は採択されずに終わるのではないかとの見方もありましたが、議長国インドネシアのジョコ大統領が威信をかけて調整し、最大限ロシアに忖度した形でぎりぎり採択に至ったとのことです。 ウクライナ侵攻が始まって以来、国際会議で共同宣言が採択されたのはこれが初めてだそうですね。宣言には「ウクライナでの戦争」という文言が含まれているそうで、「戦争ではない」と主張してきたロシアがこれにOKしたことにはちょっと驚きましたけど・・・。 これを軟化と見るか、決裂と見るか。

G20は、あくまで経済について話す場であって、政治については言及しない、とのことですが、政治と経済は切り離せるものでもなく、共同宣言なんて、後からどうとでも解釈できる、預言書みたいなものなんじゃないでしょうかねぇ・・・。20か国の首脳が一堂に会する意義ってなんなんだろうと思ってしまいます。 細々とアジアン雑貨を輸入販売している身としては、ただ、円の回復と世界平和を願っているだけなのですけどね。

  • 2023.04.28
  • 15:54

店長挨拶

お立ち寄りくださいまして、ありがとうございます。
当店では、お部屋にアジアンリゾートの雰囲気を添えるテーブルウエアやインテリア小物を取り揃えています。どうぞご利用くださいませ。

店長日記はこちら >>

脱・プラスチック!

当店は、天然素材を原料とした商品のみを扱うことは基より、商品をお送りするときの梱包資材にも、できる限りプラスチックを使用しないよう心掛けています。

プラスチックによる海洋汚染を減らすための取り組み。それは、プラスチックごみを
「減らす(Reduce)」
「再利用する(Reuse)」
「再生産する(Recycle)」
の3Rが基本と言われています。 政府や企業に任せておくのではなく、私たち一人ひとりにできること。まず、レジ袋やプラ容器やストローなどの使い捨てプラスチックをできるだけ買わない、使わない。廃棄するときにはリサイクルゴミとして処理する。わかってるけどついうっかり、を無くす。それだけでも少しずつ改善につながります。

便利なプラスチックをやめて、ちょっと不便になってみる。地球のために本気で取り組みませんか?

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業

定休日・臨時休業日は、発送作業をお休みさせていただきます。ご注文は常時お受けしております。

言葉の説明

インドネシア料理

メルマガ バックナンバー

毎月1日にメールマガジンを配信しています。配信をご希望の方は、下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。折り返し、確認メールが自動配信されます。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ