メルマガ バックナンバー

2021年6月1日

■【はじめに】渋沢栄一と方言

大河ドラマ「青天を衝け」、ご覧になっていますか? 渋沢栄一の生まれ故郷、深谷市は、今いろいろなテレビ番組で取り上げられ、「ネギだけじゃないぞ」とアピールしきりですね。
私の生まれ故郷は深谷市のすぐそばです。渋沢栄一は地元の有名人として、名前だけは子供のころから聞いていたものの、具体的に何をした人なのかよくわかっていませんでした。今年大河ドラマを見て初めて知ることが多く、勉強にもなるし、懐かしさも感じます。

懐かしいと言えば、あの方言! 「だんべぇ」「なから」「~だに」など、まさに私の祖父・祖母の世代が使っていた言葉なのです。ちょっと荒っぽいので、女性はあまり使わなくなりましたが、地元の男性の間では今も普通に使われています。
そんな深谷の方言に加え、話が進むにつれて京ことばや、薩摩弁、長州弁が入り混じってきた「青天を衝け」、字幕があるといいなあと思いながら見ています。


■【今月のトピック】インドネシアの言葉

インドネシアはたくさんの島で成り立っていますが、島の数はどのくらいかご存知ですか?
おおよそ13,500だそうです。ちなみに、日本の島の数は6,852だそうですから、日本の約2倍の数の島があるのですね。
少し前まで、インドネシアの島の数は、18,000を超えると言われていたのですが、衛星写真で数え直したら、実際には4,500も少なかった、とのこと。地球温暖化によって海面下に沈んでしまったり、火山の噴火で消滅した島もあるのかもしれません。それにしても、ちょっと多く見積もり過ぎだったのでは(笑)・・・。

ところで、こんなにたくさんの島があると、日本以上に方言が存在するのでは、と思いますよね? インドネシアで使われている言語は、700種類ほどあると言われています。そしてこれらは方言というレベルではなく、全く異なる言語で、お互い全然通じないのだそう。同じジャワ島の中でも、東側と西側で言葉が違うんですって。
インドネシア一帯が陸続きだった時代、まだ言葉を持たない人類(ジャワ原人ですね!)が広く住んでいて、海面の上昇によって島々に分断されたり、同じ島の中でも険しい山に隔てられ、その後それぞれに言語が作られてきた、ということなのでしょうね。

公用語としてインドネシア語を用いるようになったのは、20世紀になってからのこと。インドネシアが一つの国家として独立するためには言語の統一が不可欠と考えてのことだそうです。今からたった100年前のことなのですね。
インドネシアの子供たちは、まず地元の言葉を聞いて育ち、小学校でインドネシア語を習います。だから、インドネシア人ってみんなバイリンガルなのです。家族や地元の人たちとは地元の言葉で話し、異なる地域の人たちと話すときはインドネシア語を使います。
私たち日本人は、故郷の仲間と方言で会話するとそのころに戻った気分を味わえますが、インドネシアの人々もそういう感覚があるのかもしれませんね。

  • 2021.08.31
  • 21:58

2021年5月1日

■【はじめに】バラの挿し木

昨年11月、世界一大きいと言われるエクアドル産のバラの花を一輪いただきました。直径10㎝もある大きなピンクの花が1ヶ月間ほど咲いていましたが、花が終わった後も、葉の付け根あたりから小さな芽が顔をのぞかせていたので、そのまま花瓶に挿しておいたのです。芽は小さいままで伸びていかないのですが、枯れてはいない様子なので、春になったら挿し木にしようと思い、大事に温存してきました。
挿し木の方法をインターネットで調べたら、バラは発根しづらいのでジャガイモに挿して土に埋めるとよい、と書かれていました。発根するまでの間、ジャガイモから養分が供給されるらしいのです。 ということで、先月の半ばごろ、スーパーでジャガイモを買ってきて、ネットの説明通りにバラの枝を挿し、植木鉢に植え付けてみたのです。
数日後、元気にたくさんの芽が伸びてきました! ジャガイモの。

しまった、ジャガイモの芽は取り除いておくべきだったのか・・・。
ジャガイモの太い枝葉はあっという間にか細いバラの枝を覆い隠し、植木鉢の底からはジャガイモの根がはみ出してきました。しかたなく大きなプランターに植え替え、油かすを与えています。
収穫できたらご報告しますね。花より団子。


■【お知らせ】インドネシア料理のページ

以前このメルマガで、私がインドネシア料理を作ってご紹介するコーナーをやっていましたが、このほど、そのレシピを取り纏めたページを作成しました。身近な食材で手軽に作る、「なんちゃってインドネシア料理」ですが、どうぞご覧になってください!
⇒インドネシア料理のページはこちら


■【今月のトピック】インドネシアのラマダン

イスラム教徒が国民の9割を占めるインドネシアでは、現在ラマダン(断食月)の真っ最中です。ラマダンの一ヶ月間、ムスリムは太陽が出ているうちは一切の飲食を断ちます。飢えで苦しむ人のことを思い、食べ物があることに感謝するための戒律で、ムスリムにとっては最も神聖な期間なのだそう。 ラマダンとはイスラム暦で9月を意味する月のことですが、イスラム暦は1年を354日としているので、西暦から見ると毎年11日ずつズレていきます。

ラマダンが終わるとその後の2日間はレバラン(断食明け大祭)と呼ばれ、家族や親しい人と共に、無事に断食月を過ごせたことを祝います。都会に出て働いているイスラム教徒たちの多くは、レバランを故郷で過ごすために帰省するのが慣例となっています。多くの企業がレバランの時期に合わせて数日間の休暇を設けるのだそうです。日本のお盆の時期に似ていますね。 しかしこのコロナ禍、インドネシアでは昨年同様、今年も帰省禁止のお達しが出てしまいました。日本と違って取り締まりが厳しく、許可証を持っていないと県や市を越える移動はできないのだそう。

ところで、断食って辛そう・・・・というイメージがありますが、実はそれほどでもないんだそうですよ。ラマダン中は勤務時間を短くする企業も多いそうですし、勤務中でなければ寝ててもいいんですって。日が沈んだら起きてご飯を食べ、日が昇る直前にもご飯を食べて水分をたっぷり摂るのだそう。それなら、午前中はもちそうですね。午後、お腹が空いてきたら、えーい、寝ちゃえ。ふむ、これなら私にもできるかも?! 実際、ラマダン中に太る人も多いんだとか。空腹よりも、生活リズムが崩れることで体調を崩してしまいそうですね。

東京では、緊急事態宣言により夜間の飲食店の営業が制限されていますが、ジャカルタではラマダン中は外食する人のために22時まで営業可能で、さらに未明の2時~4時半も営業OKなのだそうです。

  • 2021.08.02
  • 09:03

2021年4月1日

■【はじめに】切り替えの時期

今日から新学期。学校行事も日頃の授業も全うに行えない年度がまた始まってしまった・・・という心境でもありますが、ここはひとつ、気持ちを切り替えていきましょう!

さて本日は当店のオープン記念日でもあります。おかげさまで5周年となりました。これを機に新しいことにチャレンジするのもいいですが、足元を見直すことも大事。ということで、このほどスマホの契約内容を見直し、格安な料金プランに切り替えて経費削減に努めることにしました。わかりにくくて今まで放置してきたわけですが、意を決して各社の料金プランとにらめっこし、細かい注意書きも眉間にシワを寄せながら読んで、いまさら訊けない用語はネットで調べながら、ベストなプランをチョイスしました。
旧プランと新プランとの重複課金が最も少なくて済むタイミングで切り替えられたし、お得なキャンペーンも適用されて、ラッキー! と自己満足しきり。

実はもっとお得なプランがあったかもしれないけど、そんなことはもう知りたくない気分です。


■【今月のトピック】インドネシアの学校と制服

インドネシアの学校は、日本と同様、6・3・3・4年制で、中学校までが義務教育とされています。7~12月、1~6月の2学期制ですが、7月はお休みで、1学期の授業は8月後半くらいから始まります。小中学校は朝7時くらいから授業開始で、午前中で終わるところが多いのだそう。給食は無いんですって。小学校でいちばんの楽しみが給食だった私には考えられません。

インドネシアでは、ほぼ全国的に小学校から高校まで制服があります。基本的にシャツは白ですが、ズボン・スカートの色は全国の公立校で統一されていて、小学生が赤、中学生が紺、高校生がグレーです。この基本の制服に加え、各校とも、学校指定のバティックシャツや、野外活動(ボーイスカウト・ガールスカウト)用の制服などがあります。そしてなんと、曜日ごとに着る制服が決まっているのですって。例えば、ある小学校の場合、月曜日と火曜日は基本の制服、水曜日と木曜日はバティックシャツ、金曜日は野外活動用の服、といった具合です。日本にはない発想ですよね。

私は何年か前にインドネシアの友人からその話を聞いて興味を抱き、その後インドネシアに行く度に小学生を見つけてはシャッターチャンスを狙ってきたのですが、なかなかちゃんとした写真が撮れずにいました。 そんな中、先日ふと思い出したのです。そのインドネシアの友人には、小学生の娘さんがいることを! 早速頼んでみました。「登校するときの娘さんの写真を日替わりで撮って送って~」。そうしたら、「今はコロナ対策で登校してないよ」とのこと。インドネシアでは、まだ対面授業が再開されていないところが多いんですって。
学校に行かないのにわざわざ何種類もの制服を着て写真を撮ってもらうのも申し訳ないので諦めようとしたら、「服の写真だけでよければ」ということで、送ってくれました!
きらきらした瞳の子供たちのはにかんだ笑顔を想像しながら、見てくださいね!

月曜日と火曜日         水曜日と木曜日         金曜日
制服(月・火)  制服(水・木)  制服(金)

男子の場合、上は女子と同じで、下は半ズボンだそうです。

  • 2021.06.29
  • 17:51

2021年3月1日

■【はじめに】 春はもうすぐ

新型コロナの新規感染者もだいぶ減ってきて、ワクチン接種もようやく開始され、少しは自由を取り戻せそうな気配になってきましたね。今後もマスクは手放せない状態が続くのでしょうけど、メイクも要らないし、電車の中で口を開けて寝ていても大丈夫だし、マスクをしている方が楽な気がしてきました。
ちなみに、東京都の人口1,300万人のうち2月末時点での累計感染者数は11,000人を超えているとのことなので、わかっているだけでも1,000人に1人くらいの割合で感染したことになるんですね。今年に入ってから、私の身近にも感染者が2人発生したため、自分も咳が出たり寒気がしたりするとひやひやします。

日本では、第三波がようやく収まろうというか状況ですが、インドネシアではまだ一日の新規感染者が10,000人を超える日もあり、いまだに第一波の真っただ中なのだそうです。早く世界中にワクチンがゆき渡り、自由に渡航できるようになると良いですね。


■【今月のトピック】 万能の素材「パンダン」

当店で扱っている商品の素材としてもよく登場する「パンダン」。今日は私のパンダン愛を語ります!
東南アジアに自生するパンダンは、タコノキ科の植物で、大きなものは20mくらいの高さにまで成長する頑丈な木です。支柱根がタコの足のように伸びて幹を支えます。品種も豊富で600種類ほどあるそうですよ。
パンダンは、放っておいても勝手に育ち、葉は丈夫で、切り取ってもあとからどんどん次の葉が生えてくるため、手工芸品の材料として重宝されています。葉を乾燥させ、細く裂いたものを巧みに編んでバスケットやトレーやマットなどに加工されます。 バスケットの素材といえば、アタやラタンが有名ですが、アタやラタンが茎の部分を使うのに対し、パンダンは葉の部分を使うので、平たくてしなやかです。例えて言うなら、アタがかた焼きそばでパンダンはきしめん。なめらかで光沢があり、編み上げた製品はクッション性もあって、プレイスマットにも最適です。トゲも発生しないので、肌や衣類と触れ合っても安心なのです。
SDGsとか脱プラスチックが浸透しつつあり、天然素材の良さが見直されている昨今、パンダンはとっても有能な素材だと思います。

パンダンリーフは、東南アジアでは食材としてもとてもポピュラーです。繊維が硬いのでそのまま食べることはできませんが、料理の香りづけとして用いられます。ご飯を炊くときに一緒に入れたり、お茶にして飲んだり、肉を包んで蒸し焼きにしたり。日本でいえば、笹の葉のような使われ方でしょうか。香りは、笹の葉にバニラを加えたような、青臭くて甘い香り。好き嫌いが別れるようです。私も最初はちょっと苦手でしたが、今ではこの香りを嗅ぐとワクワクします。ちなみに、工芸品として加工される頃にはこの香りもすっかり消えているので、苦手な方もご心配なく!

また、パンダンリーフを少量の水と一緒にミキサーにかけて濾すと、抹茶のような濃い緑色の液体が抽出できます。このパンダンウォーターは、料理やケーキの色付け・香りづけに用いられます。インドネシアやタイの屋台で、濃い緑色のスイーツを見かけたことがある方もいらっしゃるのでは? 体に良くない着色料を使っているのではと思ってしまいそうですが、天然色素なのでご安心ください。とはいえ、屋台のものはあまり衛生的でないのでご注意を!

パンダンは血液をサラサラにするとか、糖尿病や高血圧に効果があると言われ、また虫除け効果や消臭効果もあると言われています。まさに万能素材ですね。日本でも、アジア食材を扱うスーパーの野菜コーナーで売られていますので、ご興味のある方は使ってみてください。私も以前パンダンを使ったお菓子「クエ・ラピス」を作ってみたことがあります。

⇒その失敗作のクエ・ラピスがこちらです。

  • 2021.05.29
  • 22:03

2021年2月1日

■【はじめに】ぐうたら読書生活

最近は外出を控えている分、家で読書をする時間が増えました。少し前に、ある人から中古のkindleを貰い受けまして、遅まきながら電子書籍生活を始めました。おかげで書店に行くこともなく、本棚に入りきらない問題もおきず、文字の大きさも変えられて、快適です。
人間、どんどんぐうたらになっていくもので、読書中kindleを手に持っているのがだんだんかったるくなり、机の上に角度をつけて置いて読むようになりました。布団に入って読むときは、kindleを壁に立てかけて手放しで読めるのでラクチンなのですが、今度はページをめくるための画面タッチが煩わしいと言いますか・・・。
世の中には私と同じように感じている人がいるようで、検索してみたら、ページめくりのためにリモコンを使っている人がいるのですね。布団から手を出さずに本が読めたら、とても快適ですよね。快適過ぎてあっという間に眠りに落ちそうです。


■【今月のトピック】インドネシアのフルーツ「サラック」

インドネシアはご存知のとおり赤道周辺に位置する常夏の国。11月~3月は雨期にあたり、トロピカルフルーツが豊富に実ります。市場やスーパーマーケットに行くと、ドリアン、マンゴー、マンゴスチン、パパイヤ、スターフルーツ、ドラゴンフルーツ、パッションフルーツなど、色とりどりのフルーツが山積みになっています。
マンゴー、マンゴスチン、ドラゴンフルーツなどは、最近は日本のスーパーでも売られていますが、日本であまり見かけないのがサラックです。サラック(salak)はヤシ科の植物で、スネークフルーツとも呼ばれています。その名の通り、ヘビのような皮を被った、ちょっと怪しげなフルーツです。大きさや形は、イチジクに似ています。

バリ島のホテルではよくウエルカムフルーツとして何種類かのフルーツが部屋に置かれていますが、その中にサラックが含まれている確率は高いようです。手で皮を剥くことができて食べやすいからでしょうね。 私は、普段はウエルカムフルーツが置かれているような良いお部屋には泊まりませんが、たまたま無料でアップグレードしてもらえた時がありまして、その時にお部屋に置かれていたサラックを初体験しました。

皮は薄くゆで卵のようにペリペリと剥けます。中身はクリーム色で3つほどの房に分かれており、見た目も手触りもニンニクみたいです。食感はポリポリしていて、りんごに似たような味。フルーティーでもジューシーでもないのですが、このモソモソした感じ、私は嫌いじゃないです。種が綺麗に剥がれる点も高評価を付けたくなります。 広いスイートルームの片隅で、一人サラックを剥きながら撮った写真がこちら。

サラック  サラック  サラック

サラックには抗酸化物質が豊富に含まれていて、認知機能の改善にも効果的なんだそうですよ。でも一度に5個以上食べるとお腹が緩くなるとも言われていますのでご注意を。

  • 2021.04.30
  • 15:34

2021年1月1日

■【はじめに】逞しくいきましょう!

先日、久しぶりに街へ出ましたら、案の定と言いますか、ドラッグストアやスマホショップが新たに店を構えているのが目につきました。以前は確か飲食店だったなぁ・・・。
マスクの専門店などというものもできていたので、冷やかしに覗いてみました。話題のキャラクタがプリントされたマスク、かわいいニュアンスカラーのマスク、お歳暮用のマスク、ダイアモンドの付いたマスクなど、びっくりするような値段のものもありました。マスクはもはやファッションアイテムの1つなのですね。
見ていたら、なんだか元気になりました。ウイルスなんかに負けないで、逞しくいきましょう!


■【今月のトピック】インドネシアのお正月

Selamat tahun baru. (セラマッ タフン バル)
これはインドネシア語の新年の挨拶です。
selamat は「おめでとう」。
tahunは「年」。
baruは「新しい」。
ということで、Selamat tahun baru で「新年おめでとう」となります。

そういえば何年か前、インドネシア人の友人から、まだ大晦日なのに「Selamat tahum baru.」というメッセージが届きました。からかわれたのかと思って「まだ明けてないよー」と返事をしてしまいました。後でわかったのですが、インドネシア語では「良い年をお迎えください」も「Selamat tahum baru.」と言うようです。

インドネシアでは、日本のように年末年始の数日間お休みとなる習慣はあまりないそうです。12月31日まで仕事で、1月2日からはもう普通に働きます。近年は西洋式に、クリスマスから長期休暇をとってバカンスに出かける人たちも多くなったそうですが、今年に限ってはどの国でもステイホームのお正月でしょうね。 日本だと、炬燵でお節料理というイメージですが、インドネシアでは、庭でバーベキューなんですって。

ところで、インドネシアでは1月1日の他にも新年と呼ばれる日が3日あります。宗教や生活習慣によって別々の暦があるからです。暦の周期がそれぞれ異なるので、新年の日付も毎年変わるのですが、2021年だとこうなります。
2月12日 中国式の新年(イムレック)
3月14日 バリヒンズー教の新年(ニュピ)
8月10日 イスラム教の新年(ムハッラム)
いずれも、休日となるそうですよ。

このうち、バリヒンズー教の新年ニュピは、バリ島独特の習慣があります。前日は、悪霊を追い払うためのお祭りを行い、ニュピ当日は、「外出禁止」「労働禁止」「火気・電気禁止」「殺生禁止」のルールを守って静かに悪霊が通り過ぎるのを待つ、というものです。悪霊(=疫病)を追い払いたい気持ちはいつになく高まっているのではないかと思うのですが、2020年は中止になったと聞きました。やはり今年も中止でしょうか・・・。

  • 2021.03.31
  • 10:57

2020年12月1日

■【はじめに】ご来場ありがとうございました

2020年11月14日(土)に新宿文化センターで開催された、国際文化交流イベント「踊りの祭典」。コロナ禍の中ご来場くださった方々、どうもありがとうございました!
30以上の舞踊グループがきらびやかな衣装をまとって日ごろの練習の成果を披露し、観客の皆さんは少ない人数をカバーするかのように大きな拍手を贈っていました。

当店がこのイベントで出店させていただくのは今年で5回目となりました。私は毎年、腰にバティックのサロンを巻き、髪にはプルメリアの造花をつけて、バリ気分で臨んでいるのですが、今年はそこにマスク、フェースシールド、ゴム手袋をプラス。マスクに隠れていても精一杯の笑顔で接客させていただきました!

こちら
に写真を載せましたので、よかったら覗いてみてくださいね。


■【今月のトピック】インドネシアのネット産業

外出、外食を控えざるを得ないこのご時世で、結果的にインターネットを駆使した宅配サービス業やネットショップが業績を伸ばしているとのこと。

日本で今利用者が急増しているUber。もともとは米国で誕生した配車サービスですが、今ではすっかりUber eats が有名になり、レストランの料理を自宅やオフィスに配達してくれるサービスの代名詞となっていますよね。
インドネシアではGO-JEK(ゴジェック)という地元企業が同様のサービスを展開しており、配車サービスから始まって、食品の宅配、ホームクリーニングなど、さまざまなサービスを展開しています。バイクの所有台数が世界一のインドネシアですから、バイクを利用したサービスは普及しやすいのでしょう。とはいえ、渋滞の方はますます酷くなるのではないでしょうか。

続いてネットショップのお話。日本でネットショッピングと言えば、Amazon、Yahoo!、楽天といったショッピングモールなどが真っ先に挙がりますよね。インドネシアにもオンラインのショッピングモールはいくつかあり、有名なのは以下の3つです。いずれも、表記はインドネシア語か英語で、海外への発送はしてくれませんが、興味のある方はちらっと覗いてみてくださいね。日本のショッピングモールサイトと似たような雰囲気を感じていただけると思います。

tokopedia(トコペディア)

BUKALAPAK(ブカラパック)

Shopee(ショッピー)

銀行口座を持たない人が全人口の50%程度のインドネシアでは、電子決済がネックとなり、日本ほどネットショッピングが普及していないそうですが、それでもコロナ禍の影響で今年は売り上げを伸ばしているとのことです。

ちなみに当店もネットショップの端くれなわけですが、おかげさまで今年はアクセス数やご注文件数が少し伸びました。有難いことです。一方で、海外渡航が難しく、買い付けに行けないのがとっても残念です。来年こそコロナが終息して、自由に渡航できるようになることを祈るばかりです。

  • 2021.02.28
  • 15:46

2020年11月1日

■【はじめに】猫舌

私は猫舌です。熱々の小籠包をハフハフ言いながら食べる人たちを横目に、レンゲの上で箸で割って、しばらく放置してから口に入れます。
先日某TV番組で、「熱いものを食べるとき、普通の人は舌先に触れないように舌の裏側で受ける」という話を聞いてびっくり。私は、半世紀以上生きてきて初めて知りました。半信半疑で周りの人に聞いてみたところ、「そういえば無意識にそうしている」とのこと。

ならばと早速熱いコーヒーで試すことに。でも舌の裏側で受けるって、めちゃくちゃ恐怖・・・。
ん、確かに舌先よりは熱くないかも?! でも、飲み込むときに舌の上に回ってくるとやっぱり熱い!
舌の裏は熱さを感じにくいだけで、やっぱり熱いものは熱いですよね? そのまま飲み込んだら体に良くないのでは?
チコちゃんに、「猫舌は食べるのがヘタクソ」と言われて、ちょっと納得がいかない私でした。


■【今月のトピック】 「インドネシア・プサカ」

インドネシアの歌、何かご存知ですか? 「ブンガワン・ソロ」や「可愛いあの娘は誰のもの」が浮かんだ方もいらっしゃるかも?
今日は、インドネシア人なら誰もが知っている愛国歌「Indonesia Pusaka(インドネシア・プサカ)」をご紹介したいと思います。タイトルを訳すと「至宝のインドネシア」といったところでしょうか。

ちなみにインドネシアの国歌は「Indonesia Raya(インドネシア・ラヤ)」=「偉大なるインドネシア」という別の曲で、いかにも国家らしい勇ましい曲です。一方この「インドネシア・プサカ」は、むしろ国歌よりも国民に愛されているそうで、私もつい口ずさんでしまうくらい親しみやすく、どこか懐かしい雰囲気の美しいメロディーです。インドネシアが独立したときの喜びが歌われているようです。今年8月、インドネシア独立記念日の式典において、医療従事者へ感謝のメッセージを送る場面でも流されました。

いろいろな歌手が歌っている動画がユーチューブにアップされていますが、中でも私のお気に入りはこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=ZgecMV2v_98

辞書を片手に、歌詞を日本語に訳してみました。

インドネシア わが祖国
勝ち取った永遠の宝物
インドネシアは太古の昔から
人々から讃えられてきた

そこで私は生まれ
母の愛を受けて育った
老いては心静かに守られ
安らかに永眠する場所

全能の神が創造した
世界に2つとない
真に美しいわが祖国
人々に愛されてきた天地

インドネシア
愛してやまない母なる祖国
私の身も心も
喜んであなたに捧げよう

日本でこれに相当する歌は思い当たりません。国名を連呼して愛国心を歌うこと自体、おそらく日本人には向いていないのでしょうね。国民全員が心ひとつになれる歌、気持ちが上向きになる歌。日本で言えば「ふるさと」とか「上を向いて歩こう」といったところでしょうか。

  • 2021.01.29
  • 13:22

2020年10月1日

■【はじめに】「音楽を止めるな」?!

私は、あるアマチュア楽団に所属しています。新型コロナウイルスの感染が拡大してきた今年2月ごろから、合奏練習ができなくなり、演奏会も延期となりましたが、ようやく、先月から練習が再開されました。マスク、検温、手指消毒、換気などの対策をとり、なるべく他の人との距離を取りながらの練習です。
久々に顔を合わせる楽団員の皆さんと、握手の代わりにグータッチ。ソーシャルディスタンスを保ってマスク越しの会話はもどかしいですが、これも新しい日常のひとつになるのでしょうか・・・。
それでも皆で合奏するのはやはり楽しいもの。なんとか続けていけるとよいなと思っています。


■【今月のトピック】バティックを楽しむ

インドネシアのバティックは、2009年10月2日にユネスコの世界無形文化遺産に認定されました。それを記念して、今日はバティックのウンチクを語ってみたいと思います(笑)!

インドネシアのバティックは、インドから伝わり、主にジャワの王宮文化として発展してきたと言われています。王族や貴族が、自ら身にまとうためにバティックを作ってきました。王家の権力を意味する絵柄や、魔除けを意味する絵柄、自然や生命力を賛美する絵柄など、モチーフひとつひとつに意味があるのだそうです。着る人の健康や繁栄を祈りながら描いたのでしょうね。
バティック製作の技法はだんだん一般市民にも広まりました。それぞれの家庭で糸を紡いで布を織り、大切な家族を思いながらロウで絵を描き、草木から作られた染料で染め、気が遠くなるような作業を経て一枚一枚バティックを作ってきたのですね。

手描きのバティックの絵柄をよく見ると、線の太さがまちまちだったり、染料がはみ出していたりしますが、これがなんとも温かみを感じさせます。花や鳥にも、ひとつひとつ異なる表情があり、描き手が楽しみながら書いているのが感じられます。作っているところを想像しながら眺めるのも面白いですね。

バティックには、腰に巻いて着用するものや、頭に巻くためのものや、シャツなどに仕立てるための生地など、それぞれ用途に応じた大きさやデザインがあります。日本では、インテリアとして人気がありますが、もともとは身にまとうためのもの、ストールのように羽織ったり、ジーンズの上にゆるっと巻いたり、スカートとして穿くのもとてもステキだと思います。当店でバティックを購入してくださったお客様の中には、着物の帯に仕立てた方や、ご自身でフレアパンツを作った方などもいらっしゃいます。
バティックにも、和風柄、洋風柄、中国風の柄などいろいろありますので、インテリアやファッションに、ぜひ取り入れてみてくださいね!

  • 2020.12.30
  • 09:57

2020年9月1日

■【はじめに】家系図

「夏休みの帰省は控えてください」と言われていましたが、年に何度も会えない者同士、やはり直接顔を見て話をして、一緒にご飯を食べ、布団を並べて寝たいものですよね。私も、ちゃっかり帰省しました。とはいえ、近所を歩き回るのはやはり気が引けるので、実家に籠もっているしかありません。
おかげで母の昔話を聞く時間がたっぷりありました。昔のことはよく覚えているというけれど、ホントにそのとおりなのです。

そして不意に思い立ったのです。これを機に家系図を作ってみようって。母の話を聞きながら、カレンダーの裏に下書きです。本名が思い出せなくて、「ヒロちゃん」とか「まっさん」とかのところもありますが、その割にエピソードが次から次へと出てくるので、横に小さい字で書き添えていきます。「駆け落ちして行方不明」とか「どちらが本家かで揉めた」とか、私が今まで知らなかったことがたくさん出てきて笑っちゃいました。

東京の自宅に戻り、パソコンで清書。母と共有して、これからも何か思い出したら書き込んでいこうと思っています。


■【インドネシア料理を作ってみた】「ルンダン・テルール」

久し振りに「インドネシア料理を作ってみた」のコーナーです!
日本で手に入りにくい食材は別のもので代用したり、メンドクサイ手順は省略したりして、インドネシア料理にゆる~く挑戦しています。

「ルンダン(Rendang)」とは、スパイス煮込みのこと、「テルール(Telur)」は卵のことです。ゆで卵を、スパイスのきいたココナッツミルクで煮込んだお料理です。

2人分の材料は、以下の通りです。
卵(4個)、ココナッツミルク(400ml)、ガラスープの素(適量)、塩(適量)
香辛料・・・こぶみかんの葉(2枚)、レモングラス(適量)、レモン汁(大さじ2)、ターメリック(小さじ1)、コリアンダー(小さじ1/2)、赤唐辛子(1本)、玉葱(1/4個)、にんにく(1かけ)、生姜(1かけ)

作り方は至極簡単です。
1.卵は茹でて殻をむきます。
2.赤唐辛子は種をとって小口切り。玉葱、にんにく、生姜はすりおろします。
3.ココナッツミルクを鍋に入れて火にかけ、香辛料をすべて加えて煮立たせます。
4.ガラスープの素と塩で味をととのえ、ゆで卵を加えてとろりとするまでじっくり煮込みます。

ね? 簡単でしょ?!

出来上がりはこんな感じです。
ルンダン・テルール

ルンダンは、スマトラ島のパダンという地方が発祥で、主に牛肉をココナッツミルクと香辛料で煮込む料理です。汁気がなくなるまで長時間煮込む場合と、今回ご紹介した卵のルンダンのようにとろりとした状態で食卓に出す場合と、二通りあるそうです。汁気がなくなるまで煮込んだ牛肉のルンダンは最高に美味しいそうで、なんと、アメリカCNNで世界の料理第1位に選ばれたこともあるんですって! 今度インドネシアに行ったら絶対食べたいと思います。
ちなみに、日本の寿司は第3位だったそうですよ。

  • 2020.11.30
  • 12:14

店長挨拶

お立ち寄りくださいまして、ありがとうございます。
当店では、お部屋にアジアンリゾートの雰囲気を添えるテーブルウエアやインテリア小物を取り揃えています。どうぞご利用くださいませ。

店長日記はこちら >>

脱・プラスチック!

当店は、天然素材を原料とした商品のみを扱うことは基より、商品をお送りするときの梱包資材にも、できる限りプラスチックを使用しないよう心掛けています。

プラスチックによる海洋汚染を減らすための取り組み。それは、プラスチックごみを
「減らす(Reduce)」
「再利用する(Reuse)」
「再生産する(Recycle)」
の3Rが基本と言われています。 政府や企業に任せておくのではなく、私たち一人ひとりにできること。まず、レジ袋やプラ容器やストローなどの使い捨てプラスチックをできるだけ買わない、使わない。廃棄するときにはリサイクルゴミとして処理する。わかってるけどついうっかり、を無くす。それだけでも少しずつ改善につながります。

便利なプラスチックをやめて、ちょっと不便になってみる。地球のために本気で取り組みませんか?

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業

定休日・臨時休業日は、発送作業をお休みさせていただきます。ご注文は随時お受けしております。

毎月1日にメールマガジンを配信しています。配信をご希望の方は、下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。折り返し、確認メールが自動配信されます。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ