メルマガ バックナンバー

2016年10月1日

【はじめに】 ポケモン探してウォーキング

インターネットの検索サイトに「ぽ」と入力しただけで、候補ワードにポケモンGO関連の言葉がずらり。試しにクリックしてみると、攻略法やらレアなポケモンのいる場所やら、載ってる載ってる・・・。
えっ? 私ですか? ハイ、やっております。健康のためになるべく歩くようにしているのですが、ただ歩くのもつまらないので、ポケモンを探しながら歩いております。

私は「ポケットモンスター」というアニメを見たことがないため、意味がよくわかっていないかもしれません。ただ、実に可愛らしいポケモンもいて、デザインの美しさや動きの細やかさに思わず見とれてしまいます。
自分のゲットしたポケモンでだんだん図鑑が埋まっていくのはなかなか楽しいものですね。全種類を集めたくなるのは人間の本能なのでしょうか。
ゲームなのですから、いつかゴールがあるのでしょう。どうなったらゴールなのかも知らず、攻略法もまとめサイトも読まずに、マイペースで楽しんでいるおばちゃんです。


■ 【今月のお話し】インドネシアの通貨

インドネシアの通貨単位は「ルピア(Rp)」で、現在のレートはだいたい1円=125Rpくらいです。
紙幣は、1,000Rp、2,000Rp、5,000Rp、10,000Rp、20,000Rp、50,000Rp、100,000Rpの7種類、硬貨は25Rp、50Rp、100Rp、200Rp、500Rp、1,000Rp の6種類です。
手持ちの紙幣・硬貨を並べてみたのですが、残念ながら全種類は揃っていませんでした。
https://www.toko-plumeria.jp/hpgen/HPB/entries/18.html
次回インドネシアに行ったら、全種類揃えて来ようと思います。

インドネシアでお店に入り、例えばチョコレートを買おうとして値札を見ると、「20,000」とか書いてあって、慣れないうちはビビったりするのですが、落ち着いて計算してみると、たったの160円です。日本人から見るとやたらと0の数が多くて、なかなかぴんと来ないものですね。
レストランのメニューなどでは、下3桁を省略して、例えば
「Nasi Goreng(ナシゴレン) ・・・ 50. Rp」
というふうに書かれています。これは400円ですね。計算の苦手な私は、いつまでたっても電卓が手放せません。

インドネシアに行って、例えば3万円を両替すると、100,000Rp紙幣を37枚も渡されます。少額紙幣を混ぜてもらったりすると全部で50枚くらいになって、財布が閉まらなくなります。

また、最小額の硬貨は25Rpなので、それより小さい金額はどうするかと言うと、例えばスーパーで買物をして合計額が9,980Rpだった場合、10,000Rp札で払うと、おつりの代わりにキャンディを渡されます。あるいは何も渡されず、レジのお姉さんににっこり見送られることになります。
高級なお店などでは、1,000Rp未満を切り上げる場合もあります。
日本のように、その日の売上を1円まできっちり合わせるわけではなさそうです。

ご挨拶

当店にお立ち寄りくださり、ありがとうございます。
当店では、ご家庭の食卓にアジアンリゾートの雰囲気を添えてくれる雑貨を扱っています。主にインドネシアから仕入れています。どうぞご利用くださいませ。

当店の会員登録をされず、メールマガジンの購読のみをご希望の方は、下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業

ページトップへ